読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくらし

楽な暮らし=「らくらし」 心・時間・お金にゆとりのある暮らしを目指して。 ラク家事研究中

スポンサーリンク

夫が夏物衣類を断捨離!5年間の道のりを振り返ってみました。

~5年前~  

断捨離ブームが起こった頃。

 

我が家は、比較的片付いた家でしたが、やはり

・いつか使うかもしれないもの

・使っていないけど新しいので捨てるのはもったいないもの

・思い入れのあるもの

などは、押し入れにしまってありました。

 

 

夫の服も同じような感じで、

・仕事で必要になるかもしれないロングコート

・新しいけど着ない服(着ない理由があるんですよね)

・20歳位の時に買った皮のジャケット

など持っていました。

 

新婚旅行のハワイで買った、アロハシャツもありましたっけね・・・。

 

 

これ絶対着ないよね?

捨ててもわからないよね?

なんて服は、こっそり捨てていました・・。

 

~2・3年前~

 

色々な本を読んでテクニックを学び、実践してみました。

 

・洗濯が終わった服は、ハンガーで右から順番に掛けて行く

  →左側に着ていない服が集まるので、断捨離対象に。

 

・服を広げて1枚ずつ夫に見せて、「いる?」「いらない?」と聞いていく。

→夫に全てを任せると面倒くさがるので、夫は要る・要らない判断をするだけ。

 

・「う~ん」「とりあえずとって置いて」など判断を迷ったものは、そのまま保留

→「来年も着なかったら処分してね」と優しく声を掛けておく。

 

・次の年も判断に迷ったら、「去年も着なかったよ。」と声掛け。

→それでもダメなら、無くても大丈夫な事を実感してもらうために、目につかない場所に保管しておく。(奥の手!)

もう勝手には、捨てません(笑)

 

これで、だいぶ減りました。

 

 

~そして今年~

 

ワイシャツとバックが欲しいと言うとので、

「買い物に行く前に、いらないワイシャツと、ついでに夏物の服も処分しちゃって~」と声をかけると、ほんの2~3分で沢山の衣類が断捨離されました。

 

f:id:minimummina:20150922145647j:plain

 

私「いや・・。ちょっと捨てすぎじゃない??」

夫「だって、捨ててっていったじゃん。」

私「だってこれまだ新しいよ。」

夫「これは、サイズが小さいから着づらいんだよね。」

私「これは?」

夫「今年買った服がかなり気に入ったからもう着ない。来年からは、この服だけあればいいよ。」

 

断捨離が早くなったのは、

今年、お気に入りの定番服が出来た事も大きいようです。

 

ちなみに夫の定番服はこちら↓

定番中の定番なんですね!知らなかった~。

 

 

安い!コスパばつぐん!

『100回洗濯しても大丈夫』という通り、

1枚だけ持っていたアビレックスは、3年以上着ていますが、色褪せや型崩れもほとんどのありません。

生地が厚手なので、夏場以外は少し乾きづらいのが唯一の難点でしょうか?

 

長袖もあります。 

 

あっ。

夫が私より先に、制服化して、お気に入りの定番服見つけてる~!

なんか悔しい・・。

 

 ☆ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックお願いします☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村


こちらの記事も合わせてどうぞ。               

夫が200冊の本の断捨離を決心した意外な本 - シンプルライフからミニマリストへ

                                                                                                                                                  

スポンサーリンク